歪な歯並びは見た目だけでなく健康被害もあるので三重の矯正歯科クリニックで治療しよう

HOME>アーカイブ>従来の歯並び治療の特徴と最近の治療法が支持される理由
診療室

従来の矯正の特徴

歯並びは日本ではあまり重要視されません。それは八重歯などを愛嬌があるとしてチャームポイントと捉える風潮があるからです。しかし歯並びが歪であると歯磨きを綺麗に行うことができず、歯垢が蓄積し虫歯リスクを高めてしまいます。また噛み合わせが悪いことで咀嚼に問題がみられ頭痛や肩こりなども慢性化して問題です。三重県ではこうした健康被害にも考慮して、適切に矯正歯科治療を行ってくれるクリニックが数多く存在します。矯正歯科治療と言えば、歯の表面にワイヤーやブラケットを装着する治療法が主流でした。しかし最近はその治療法の見た目が悪いとして、見えない矯正治療が人気となっています。

画期的な治療法の仕組み

三重の矯正歯科クリニックで提案される見えない矯正治療とは、インビザラインと言います。インビザラインは透明のマウスピースを用い歯に圧力をくわえて歯を動かしていきます。透明のマウスピースを装着していることは人から気付かれることがないので、治療を始めやすいと多くの人に支持されています。歯にワイヤーを付ける治療法とは異なり、マウスピースを自分で着脱できるので今まで通り食事を楽しむこともできます。マウスピースを外し歯磨きできるので、従来の治療法よりも虫歯リスクが低いのも魅力です。

広告募集中